日々のおたよりラン日記

日々のことや趣味のことなどについて書きます。趣味はランニングとゲームです。

プレバト 俳句はまだしも絵は絶対無理

プレバトって番組ありますよね。
実はあの番組結構好きなんです。

仕事の都合や子供の送り迎え、あるいは練習などで、リアルタイムでは見られないことも多いので、毎週録画してます。


プレバトといえば、やはり俳句ですね。

俳句という、なんとなく一部の人達だけがやってるみたいなイメージだったものを、バラエティーに取り込んで、すごく身近に感じさせてくれたっていうのがすごいですよね。

俳句のリズムって、日本人にかなり溶け込んでる感じがありますね。
何かの標語とかでも、575のリズムのものが結構あったり、575のリズムって気持ちがいい感じがしますから。

夏井先生のキャラや、浜田さんのツッコミ、浜田さんと梅沢さんのやりとりとか、そういうのがあってこそではあると思うんですけど、そういう下地みたいなものがあるからこそ、受けてるんだろうなぁと思ったりします。

しかし、改めて考えると、俳句って、たった17音の中で、いろいろな思いや情景を詠んだり、書いてないことまで読み手に想像させて、すごいなぁと。

番組を見ていて、才能ありや、特待生、名人の俳句はやっぱりいいですよね。

自分はそういうセンスないので、うまい句を作る人はすごいなぁと思います。

そして、凡人や才能なしになったのを見ても、自分はそこまで笑えないんですよねぇ。
なぜなら、自分もそのレベルだろうと思うので。


でも、自分的に、俳句以上に絶対無理だと思うのは、絵なんです。

俳句であれば、本とか読んで勉強すれば、ある程度の水準の俳句は作れるようになるのかな?という気もしなくはないというか。

でも、絵は無理。

子供の頃、図工や美術で絵を描くのが本当に嫌で。
とにかく下手くそだったので。
下手な絵を見られたくなくて、隠すように描いてたなぁ。

だから、絵が上手な人がうらやましくて。

番組で、最下位や才能なしになった人の絵でも、自分より絶対うまいです。
なので、テレビに向かって、十分うまいじゃん!!って言ってます。

もしも、自分がプレバトに出るとなったら、俳句は出てもいいけど、絵には絶対出ないですね。

夏井先生の本を買って勉強すれば、少なくとも凡人レベルの句は作れそうな気がするし、出るとなったら必死に勉強します。

でも、絵はそんなすぐにうまくならないだろうし、多分、下手くそすぎて笑えないレベルなので・・・。


でも、実はうちの子供は絵がうまいんですよ。
さいころからお絵かきが好きで、今でも描いてるので。

絵だけじゃなく、芸術系には割とセンスがあるような気がしてます。

親の兄弟に芸術家の人がいて、遺伝的なものもあるのかも??

自分に似なくてよかったーと思ってますね。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

400m×6本レペ頑張った(追い風のおかげ)

昨日書いたとおり、今日はレペティションしました。
400m×6本。

設定は、一応目安として75~76秒程度。
ただ、基本全力なので、調子がよくて体が動けばそれ以上でと。
レストは400m歩き(4分~4分半程度)の設定。

結果は、74-69-78-72-80-72。

 

f:id:abty-dai:20210616213620j:plain

f:id:abty-dai:20210616213637j:plain

 

1,2,4,6本目は追い風、3,5本目は向かい風でした。

そこそこ強かったので、追い風のときは速くなりましたね。
69秒とか、無風だったら絶対無理なんですけど。
自分でもびっくりしました。

ただ、自分の実力以上のペースになってしまったので、4分の歩きでは回復しきれず、そのうえ向かい風もそこそこ強かったので、3,5本目はかなりきつくて、ペースが落ちすぎましたけどね。

まあ、全体としては頑張って走れたし、追い風のおかげとはいえ、速いペースで走れたのはよかったです。

ただ、2週間前のレペでもそうだったんですが、速いペースで走ろうという意識が強くなってしまって、力んだ走りになってしまったかなぁというのはありますね。

ちなみに、5本目終わったところで、少し右のふくらはぎに来たんです。
なので、最後の6本目は多少遅くなってもいいやと思って、感覚重視で走りました。
そうしたら、追い風だったのもありますが、72秒と思ったより速かったんですよね。

なので、速く走ってやるぞ!って思い過ぎず、力まずに、いい感覚で走った方が、結果的にはいいのかもしれないという気もしました。

次回やるときは、その点を注意して走ってみようかと思いました。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今日は休んで明日ポイント練習頑張る

土曜日、アップダウンをそこそこペースで。
日曜日、坂ダッシュ
月曜日、ゆっくり短いジョグ。

ということで今日、火曜日。

昨日、疲労回復ジョグみたいな感じで走ったので、もし今日あまり疲労感がなければ、少し速めのペースで走ってもいいかもしれないと思ったんですけどね。

でも、やはり疲れがまだ結構残ってました。
なので、今日は練習なし。

走れば走れたんですけど、今日みたいな足の感じのときは、経験上、走らないで休んでしまった方がいいという判断です。

そのかわり明日は頑張りますよ。

明日は、レペですかね~
最大スピードを上げて行きたいというのがあるので。
先々週、400m×5本のレペをしたのですが、あまりいい感じで走れなかったので、明日はいい感じで走れればと。

まあ、明日の状態や気分で練習内容を変える可能性もありますけどね。
ただ、いずれにしても、スピード系の練習をするつもりです。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今度はドラクエ2をやります

この前、「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者」をやっていると書きました。

その後、無事クリア。

主人公の生い立ちと、その両親の悲しい過去と。
最後は悲しくも感動的で。
話はだいたい覚えてるんですけど、泣けてきちゃうんですよ。

話としては、やはり30年以上前の作品なので、少し古いというか、昭和チックな感じはあるんですけどね。でも、しっかり作られていると思います。

機会があったらぜひやってみて欲しいですね。

続編の「ファミコン探偵倶楽部 うしろに立つ少女」も合わせてぜひ。
あの衝撃のラストは必見ですから。

自分もいずれやりたいと思います。

ただ、値段的には、もう少し安くして欲しかったなぁというのはありますが。
2つ買うとかなりの金額になってしまうので。

◆◆◆◆

さて、今度は、スイッチ版のドラクエ2をやり始めました。

書くと長くなるので、手短に書きますが、ドラクエ2は思い出のゲームなんですよ。
自分が初めてRPGというものに触れたのが、このドラクエ2だったので。

ファミコンの初期の頃は、ほとんどアクションゲームしかなかったので、自分もアクション系のゲームばかりやっていたのですが、あるとき友達からドラクエっておもしろいよって言われまして。

ドラクエ?名前は聞いたことあるような??っていう程度の認識でしたが、その友達から借りてやってみたら、めちゃくちゃおもしろい。

ドラクエ2をクリアしたあと、ドラクエ1も借りてやったし、ドラクエ3,4は親に予約して買ってもらいましたね。

さらに、ファイナルファンタジー3を友達から借りてやってみたら、これまたおもしろい。
さらに、FF1,2もやり。

以降は、ほとんどRPGしかやらなくなって、今でもほぼRPGしかやらないですね(たまにAVGもやりますが)

そんなわけで、ドラクエ2は思い出のゲームなんです。


進行状況としては、サマルトリアの王子を仲間にしたところです。

オリジナル版では、戦闘バランスが結構シビアだったと思うんですが、結構楽になってますね。
ローレシアの王子ひとりだけで、勇者の泉に行くのが結構大変だった思い出があるんですけど、楽でした。

個人的には、もう少しシビアでもいいんじゃないかなぁという気もしますけどね。

ということで、懐かしみつつ、楽しくやっていきたいと思います。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

今日の朝ランは坂ダッシュ 本数少なめ

今日の朝ラン。

まず、歩きも少し交えながらのゆっくりジョグを9km。

f:id:abty-dai:20210613160513j:plain

そのあとに、坂ダッシュ

f:id:abty-dai:20210613160546j:plain

f:id:abty-dai:20210613160606j:plain


ダッシュは、家からすぐ近くの橋のところの180mくらいの上りを利用。
一応、昨日の練習とのセット練習的な感じです。

ただ、昨日の練習が自分的にはそこそこ強度高めだったので、怪我しないように、本数は少なめに6本だけにしました。

6本目が終わった時点で、まだまだやれる感じでしたが、無理せずほどほどにということで。

最近、ランチューバーさんの動画で、坂ダッシュについてやってましたね。
といっても、それを見たからやってみたわけではなくて、今までもたまにやってました。

やはり、平坦なところばかりじゃなく、坂を走ると強くなれそうな感じがします。

ペース推移の図を見ると、ダッシュしたところがギュイーンと上に上がっていて、頑張って走ったなーって感じがしますね。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

メタスピードエッジで16km走 感想その2

今日の朝ラン。
アップダウンのあるコースを16km走ってきました。

 

f:id:abty-dai:20210612144736j:plain


仕事の都合などで2日走れなくて、疲労がまあまあ抜けていたこともあり、結構いい感じで走れました。
特に坂をいい感じで走れた気がします。

上り坂はいいリズムで上って、下り坂は重力も使っていいリズムで楽にペースを上げるみたいな感覚でしたね。

そして、13~14kmを3分35秒、14~15kmはキロ5分まで落として、最後の1kmをまた3分45秒まで上げてみました。前半の上りをやや速めに走った分、疲れて思ったよりも上げられなかったですが。

でも、全体として、まずまずいい感じで走れたかなと思います。

今日はメタスピードエッジで走ったので、いい感じで走れたのは、そのおかげもあると思います。


水曜日に初めてメタスピードエッジで4kmだけ走って、感想を書きました。
そして今日は、もう少し長めに16km走ったということで、感想その2を書いていきます。

※あくまで自分が感じたことで、違う感想を持つ人もいると思いますので、そこはご了承ください。


まあ、基本的には、水曜日に感じたことと、だいたい同じですね。

クッション感、反発感はそこまで強くないけど、足の運びを助けて回転しやすくしてくれるので、感覚よりも楽に速く走れる

という感じですね。

前回はメタスピードスカイのイメージがあったので、余計にクッション感、反発感が小さいと感じてしまったかなと思うんですけど、もちろんある程度あるし、感じます。

ただ、やはり、厚底で反発系素材を使っている割には、小さいですね。

だからこそ安定感があると思うし、地面を直接感じるような、薄底に少し近いような感覚があるんだとは思いますけどね。

だけど、間違いなく、足の運びを助けて回転しやすくしてくれる感覚があります。

足を接地したときの地面からの反発と控えめではあるけれどソールによる反発、そして、かかととつま先でのドロップ差、それらが合わさり前に転がって、最後の蹴り出しのときに、カーボンプレートで、ぽんっと前に押し出される、みたいなイメージかなと思います。

その感覚は他のシューズに比べ明らかに強く感じられました。

なので、今日の朝ランでも、足の運びが楽になる分、自分の感覚や頑張り感よりも速く走れて、上り坂でも少し楽に走れるような感覚がありましたね。

個人的には、ストライド走法の人がエッジを履いても、ピッチ走法の人がスカイを履いても、十分恩恵を受けられると思います。

ただ、アシックスが、スカイはストライド向け、エッジはピッチ向けとアナウンスしているのは、履き比べてみると理解できるし、実際にそういう感じはしました。


距離によって、スカイとエッジのどちらが適しているかですが。

これは正直、もう少し履いてみないとわからないところではあります。
スカイではまだハーフまで、エッジは今日の16kmまでしか走ってないので。

ただ、スカイの反発力を、30km以降の疲れてきたところで、どれだけ生かせるのか?というのは少し思いますね。
でも、エッジは、フルの終盤でも問題なさそうな印象は受けました。

逆に短めの距離なら、反発力とその勢いで、スカイの方がいいのかも?という気もします。


そのあたりは、実際に走ってみないと何とも言えないので、短めの距離のタイムトライアルや30km走などをしてみて、もう少し履き比べてみたいと思います。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

誇りを持って走る 走ってるだけですごい

ときどき思うことなんですが。

それは、

ランナーってすごい

ということです。


5km、10km、20km、42.195km

人によっては100km走ります。

普段走ってない、運動してない人は、
1kmだって、いや、数100mだって
嫌だって言いますよね。

それを当たり前に何10㎞も走ってしまう。

これはもう、完全に特殊能力だと思います。


自分が走り始めた頃、いつかフルマラソン
走ってみたいと思ってました。

でも、「いつか」は走ってみたいという
かなり遠い目標という感じで、
とても走れないと。

10kmだって無理って思ってましたから。


だから、ペースなんて関係ないんです。

キロ6分だろうと、7分だろうと、
どれだけゆっくりだとしても、
走れるだけで、ものすごい。

さらに言えば、ランニングを始めた。
それだけですごいことなのではと。


高い目標を持って日々練習していると、

なかなか納得いく練習ができなかったり、
苦しいときに頑張りきれなかったり、
妥協しちゃったり、

ということがよくあります。

SNSを見ると、頑張ってる人がたくさんいて
自分より速い人なんてゴマンといて。

自分なんて全然ダメじゃん、
とか思ってしまいがちですけども。

いや、そんなことはないんですよと。
本当は走ってるだけですごいんだと。

走るのが当たり前になると、
高い目標に向けて頑張っていると、

それがわからなくなる。


なので、たまには原点に戻ってみる。


走り始めた頃は、たいした距離も走れない、
ゆっくりでも息が上がっちゃう。

そんなレベルから、日々練習して
これだけ走れるようになったんだぞと。

普通の人ができないことをやってるんだぞと。

普通の人からしたらあり得ない目標に向けて
日々頑張っているんだぞと。

自分すげえじゃん、と。


初心にかえる的な。

初心にかえってばかりではダメだけど、

たまにはそういう、自分すごい!!
っていうのも大事だと思います。

楽しんで、目標に向かって、
すごいことをしている自分。

走っていることに、ランナーであることに
誇りを持たなきゃ。

そう思っています。


もちろん、すごいのはランナーだけじゃなく、

あらゆるスポーツ、音楽、勉学、仕事、等々。

頑張る人はみんなすごいです。

自分もすごいし、他の人もみんなすごいのだと。

そういう精神で行きたいと思っています。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村